{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/1

X'mas Noboru Gonta(guitar / composer)SOLO Live 2022.12.21(水)7pm

2,000円

送料についてはこちら

エアジン初登場!!! Noboru Gonta(guitar / composer) X'mas SOLO Live2022 2022.12.21(水)7pm 配信はLive以降3週間見放題。 ・・・・・・・・・・・ Gonta / 欣侘 東生 (ごんた のぼる) Composer Guitarist(作曲家 ギターリスト) 黄昏の狭間に〜at between the twilight〜 2019年暮れから始まり、人々の生活を一変してしまったCovid19。 2022年が終わろうとしている今、それも終息の気配を見せようとしている。 この数年の間に自問した事は音楽への関わり方であり、作曲テーマの再設定だった。 それは「時間は存在しない」(カルロ・ロヴェッリ著)という一冊に本との出会いがキッカケとなった。 ぼくの様なものでも、時間は「死ぬ事」を前提とした生物「人類」の頭脳が作り出す概念であるらしいというところまで辿り着いた。宇宙には(数式上)存在しない。 近所の森戸海岸では、黄昏時の景色に多くの人々が感動を覚え、カメラを向ける。 日が沈む一瞬の、昼と夜の狭間の空の色に何か人の心に響くものがあるのだろう。 それは、生と死の狭間かも知れない。 そんな一瞬を音楽にすることはできないだろうか? 一年の黄昏時ともいえる師走に、煌びやかなXmas songが流れる横浜で、 一晩だけ、静かに、静かに、一梃のクラシカルギターの音色に耳を傾けてみるのはいかがだろう? 欣侘 東生/Noboru Gonta ・・・・・・・・ 日本、神奈川県在住。 1967年、東京都武蔵野市生まれ。 7歳よりピアノを学ぶ。 中学校では、トランペットと、指揮を担当。 ジョージ・ガーシュイン「ラプソディー・イン・ブルー」を聴きJAZZに興味を抱く。 高校からエレキギターに持ちかえ、パット・メセニーを聴き始める。 JAZZを学ぶ為にネム音楽院(現ヤマハ音楽院)に進学、渡辺貞夫のJAZZスタディーを基に理論を学ぶ。 在学中よりジャズギターを細野義彦氏に師事。 作曲は故、中冨 雅之氏に学ぶ。 1989年、The Berklee Summer School in Japan (Director, Gary Burton) に参加 Ralph Townerの「Solo Concert 」に衝撃をうける クラシックギターを川井 善晴氏に師事。2006年、Jorge Ariza氏のマスタークラスに参加。 プロレスラー/畠中浩氏のテーマ音楽作曲(キングレコード「インディペンデントプロレスファイターズ」に収録。) 鎌倉市建長寺、龍王殿で自己のグループ「 TAO 」と画家 小島寅雄氏(元鎌倉市長)のコラボレーションライブを行う。 伊勢「おかげ横町」「来る福の日(9月29日)」制定記念イベント音楽を担当。(和太鼓グループ心恩太鼓と共演) ベネッセコーポレーション新社屋オープニングイベント映像音楽を制作。 中国琵琶奏者“孟 仲芳”氏 と共演、楽曲を提供。 ブライダルミュージックプロデュース会社「音楽の広場」イメージアルバムのレコーディングディレクターを務める。 クラシックギターリスト西村正秀氏より依嘱作品「Moon Rise」を作曲。新宿オペラシティーにて初演。 2010年8月、鎌倉市に移住。鎌倉市を中心にギターソロによるオリジナル曲での演奏活動を開始。 2012年5月、 Guitar教室「dolphin music lab.」をスタート。 2012年5月、葉山町に転居、「dolphin music lab.」の拠点を構える。 2015年10月、葉山東伏見宮別邸にてソロリサイタルを行う。 2016年11月、初のギターソロのアルバム「天使の椅子」完成。 2018年11月、 2ndアルバム「時の扉〜時の翼 Art de Vivre」をリリース。 2019年9月、フルートとギターのユニットN- sphereを結成。約1年半の定期演奏会と岐阜、静岡ツアーを行う 2021年12月、N-sphereの横浜能楽での映像作品を発表。 2021年9月、日本で数少ない本物のスピリチュアルヒーラーSiriusu Yoshiki氏とコラボレーションイベントを開催。 2022年5月、Guitar教室「dolphin music lab.」を主催。本年9周年を迎える。

セール中のアイテム