{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/5

☆Shinono-me新春SP <写真と音楽のコラボ> 2024.1.7(日)18:30

2,000円

送料についてはこちら

☆Shinono-me新春スペシャル 〜木造校舎の子供たち1991〜 石川真奈美(うた)shezoo(ピアノ/作曲)永井朋生(オリジナル打楽器) スペシャルゲスト:荒谷良一(写真家) 2024.1.7(日)18:30 ・・・・・・・・  荒谷良一の写真集「木造校舎の子供たち」にインスパイアされた作曲家shezooが荒谷良一とユニットShinono-meが初めてエアジンでコラボレーションする。  『昭和』という時代を語る木造校舎。そこで学ぶ元気な子供たちが記録された写真集。この写真集をテーマに新たなShinono-meが新たな音楽を創造して行く。  新春の好ライブになりそうだ。 店内予約¥3500+Drink(配信付き) ・・・・・・・・・・・ 荒谷良一 https://www.facebook.com/aratani.photo shezoo https://www.facebook.com/shezoo.shizu.7 石川真奈美 https://www.facebook.com/manami.ishikawa.96 永井朋生 https://www.facebook.com/tomoo.nagai ・・・・・・・ 荒谷良一(Ryoichi Aratani) 東京生まれ、写真家田沼武能氏(文化勲章受章者)に師事し、黒柳徹子さんのユニセフ親善大使の取材にもアシスタントとして同行した。その後コマーシャルスタジオ等に勤務の後、フリーのフォトフラファーとして活動。週刊誌の表紙の撮影などで100名以上の女優、タレントを撮影する。また横濱エアジンでは20年以上撮影し、200名以上のミュージシャンを撮影する。現在六本木ヒルズ展望台のオフィシャルフォトグラファーとしても活動している。今回の「木造校舎の子供たち」をテーマにした個展を2023年4月に開催した。 ・・・・・・ <shezoo> 「木造校舎の子どもたち」と音楽のコラボレートをすることになったとき、荒谷さんから言われたの 『この写真集を通して、コロナ、ウクライナ、パレスチナ... 殺伐とした今の世界に、ホッとする場所、かつてあったあたたかい場所、愛を感じられる場所を見せたい、自分も木造校舎の子どもたちの笑顔をみているだけで心がほっとして泣きたくなる』 ということ 荒谷さんの思いを込めて、shinono-meは、ここに収められた子どもたちの笑顔に、忘れてかけていたあの頃の自分達の日々、思い描いた夢、泣きたくなったあの時、蘇るさまざまなシーンを音とともに描きお届けします 2024年のはじまりに、ほっとする時間をご一緒しませんか? ・・・・・・・ <写真家・荒谷良一> 私の写真とShinono-meさん石川真奈美(うた)shezoo(ピアノ/作曲)永井朋生(オリジナル打楽器)とのコラボライブでは、写真を会場に展示するとともに、プロジェクターで未発表のカラー写真も投影させていただきます。音楽と写真がお互いに刺激を受けつつ一つの世界を作れたらと思っています。今、多くの困難なことが日本で、世界で起こっています。とても悲しく、つらい気持ちになることも多いです。33年前、スマホもPCもない時代に生き生きと学び遊ぶ子供たちの姿に癒されるとともに、これからの未来を担っていく子供たちにも明るい世界に生きて欲しいとあらためて強く思います。是非とも見て、聴いていただき感じていただけたら幸いです。

セール中のアイテム